日給月給と月給、年俸の違いとは?日給月給制のメリットとデメリットも紹介

給与 気になったこと

求人募集の欄を見ると「月給制」がほとんどだと思いますが、中には「日給月給制」または「年俸制」なども見かけることがあります。

同じ正社員という扱いでも「月給制」と「日給月給制」と「年俸制」の違いはどこにあるのでしょうか?

今回は正社員の雇用形態について調べてみることにしました。

給与

月給制とは?

月給制は「完全月給制」とも呼ばれ、一か月を単位に基本給を定めて実際の出勤日数に関係なく毎月定額の給与が支給される制度です。

欠勤や遅刻・早退があった場合でも毎月の給与が減額されず満額支給されます。

日給月給制とは?

同じ「月給制」と名が付く「日給月給制」ですが、「完全月給制」との違いは欠勤や遅刻があった場合には、その分給与から賃金控除されてしまう制度です。

また、月の途中からの入社・退職の場合には日割り計算されます。

欠勤控除される対象は基本給だけでなく役職手当や皆勤手当てのような各種手当も日割りして控除するものを「日給月給制」と呼び、各種手当に対して控除を行わないものを「月給日給制」と呼んで区別しています。

「日給制」という制度もあるのですが、「日給月給制」と「日給制」の違いは以下の通りです。

日給月給制 あらかじめ支払われる基本給が定められている
日給制 働いた日数の分だけした給与として支払われない

つまり、日給月給制は「休んだ日数で給与が決まる」、日給制は「働いた日数で給与が決まる」という違いです。

そうなるとパートやアルバイトによく使われる「時給制」とどう違うの?と思うのですが、

「時給制」は1時間あたりの勤務でいくらと定める給与体系で、「日給制」は1日でいくらと定めている給与体系で1日の勤務時間が固定されていて毎日賃金を支払うのが特徴です。

年俸制とは?

「年俸制」は、1年を単位に給与総額を決める制度です。

年単位の給与を12ヶ月で分割して毎月支給されます。

年俸制の場合、ボーナスを含めて年俸額を決定するので、毎月均等にならすのではなく、ボーナス月に多く振り分けて支給することもあります。

事前に支払われる賃金が確定していて変動することはありません。

日給月給制のメリット

休んだ分だけ控除されてしまうのでは、なんだかメリットがないように思いますが、日給月給制にメリットはあるのでしょうか?

メリット① 給料がアップすることもある

働いた分だけ給与がもらえる、ということは、忙しい時には残業が増えることになります。

また、通常の出勤日数で業務が終わらなければ休日出勤となり、割増しで支払われます。

メリット② 休みがとりやすい

日給月給制の場合、休みを取りやすいというメリットがあります。

完全月給制の場合、休んでも月の給与は固定されるため会社側から考えると損になるため有休や長期休暇は完全月給制の正社員と比べて取りやすいことが多いです。

日給月給制のデメリット

では反対に日給月給制のデメリットとは何が考えられるでしょうか?

デメリット① 給料が一定ではない

日給月給制は働いた日数分しか賃金をもらえないため、病欠や家庭の用事などがあって欠勤した場合はそれだけ減額されてしまいます。

まとめ

同じ正社員でも「完全月給制」「日給月給制」「年俸制」といろいろな雇用形態があることが分かりました。

求人情報を見るとき、月給額だけを見るのではなくどの給与形態にあたるのかをしっかり確認して、後から「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました