天皇陛下即位祝賀式典で嵐を見るための申込み方法は?どんな曲を歌うか徹底調査!

2019年11月9日に「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が行われます。

その祭典で嵐が出演することが決定しました!

この国民祭典は一般公募が行われるということですので、天皇陛下の御即位をお祝いできて、嵐が活動休止前に見られるというビッグチャンスです!

でもこの祭典、どこで行われてどうやって応募したらいいのでしょうか?

今回の記事では

  • 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典とは
  • 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の日時と場所
  • 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典を申し込む方法
  • 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典を見に行った場合の交通規制

以上のことについて詳しく調査してみました

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典とは?

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典とは、その名の通り新天皇陛下をお祝いする祭典です。(そのまんまですね(^_^;))

国民祭典で、第1部「奉祝まつり」と第2部「祝賀式典」が行われます。

「奉祝まつり」では、全国の郷土芸能やお神輿が繰り出し、「祝賀式典」では各界の著名人がお祝いのメッセージ披露や奉祝演奏が行われます。

スケジュール
【第1部】
奉祝まつり(※ご自由に参観できます)
開催時刻:13時30分~15時45分(予定)
会場:皇居外苑と内堀通り
奉祝パレード(郷土芸能、音楽隊)、奉祝神輿(みこし)

【第2部】
祝賀式典(※お申し込みが必要です)
開催時刻:17時10分~18時40分
会場:二重橋前特設舞台および皇居前広場

総合演出 黛りんたろう
奉祝曲
作詞 岡田惠和、作曲 菅野よう子
ピアノ 辻井伸行
歌唱 嵐
司会 谷原章介、有働由美子

引用元>>天皇陛下御即位奉祝委員会

公式サイトでも掲載されているように、第2部で嵐が登場します。

第2部の一般公募は約1万人で、嵐を観るにはこの一般公募で当選しなければいけません。

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の日時と場所は?

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典は令和元年11月9日(土)の13時30分~18時40分まで行われます。

会場は皇居外苑、内堀通り、皇居前広場(国民公園)です。

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典を申し込む方法は?

この機会を逃せばニュースで見るしかチャンスはないですから、ぜひ申し込みたいところですよね!

国民祭典の一般公募に申し込むためには、天皇陛下御即位奉祝委員会のホームページからのみ受け付けています。

嵐のファンクラブ会員は特別枠があるのでは‥と思うかもしれませんが、ファンクラブは関係ないようですので、日本国内在住であれば誰でも応募ができます!

大部分がパブリックビューイングとなるようなので、「生嵐」は見れないかもしれませんが、それでも応募する価値はあると思います。

[st-midasibox title=”応募詳細” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

応募期間‥令和元年9月24日(火)13時~10月2日(水)23時59分

応募可能人数‥1人1回(同伴者は1人まで)※自分を含めて最大2人まで

応募方法‥WEBサイトのみ

申し込み資格‥日本国内在住の方

当選発表‥令和元年10月17日(木)にメールで通知

[/st-midasibox]

詳しい応募規約・問い合わせ→「天皇陛下御即位奉祝委員会

嵐が歌う奉祝曲はどんな曲?

奉祝曲は、天皇陛下の長年のご研究分野である「水」がテーマで、作曲は作編曲家の菅野よう子氏、作詞は脚本家の岡田恵和(よしかず)氏が担当するとのこと。ピアノ演奏は全盲のピアニスト、辻井伸行氏と発表されています。

奉祝曲は3部構成で、第1部でオーケストラの演奏、第2部で辻井伸行さんのピアノソロ演奏、途中からオーケストラ協奏、第3部で嵐が歌を披露するそうです。

奉祝曲はまだ完成していないようですが、まもなく出来上がる予定とのこと。

嵐のメンバーの櫻井翔くんのコメントも発表されています。

「一人でも多くの方をほんの少しでも笑顔にすることができたら。ただただその想いのみで、エンターテイメントを追い求めてきただけのグループです。そんな私たちにとって、大変畏れ多く、身に余るお話。国民に寄り添い、想いを寄せておられる陛下に、日々の感謝の想いをお伝えし、お祝いの会に少しでも華を添えられますよう、心を込めてパフォーマンスをしたいと思います」(原文まま)

引用元>>Yahoo!ニュース

翔くんらしいしっかりとしたコメントですよね(^o^)

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の交通規制

もし国民祭典の一般公募に当選することができた場合の現地までの行き方や、当日少しでも雰囲気を味わいたいけど通行止めなどの交通規制がどこまであるのか気になりますよね。

天皇陛下御即位奉祝委員会では以下のように発表しています。

皇居前広場等への立ち入り制限

11月7日(木)~11月10日(日)の4日間、内堀通りから二重橋に至る皇居前広場への立ち入り禁止と楠公銅像前駐車場の使用禁止

内堀通り等の交通規制

11月9日(土〉皇居前、祝田橋から大手門に至る内堀通り及びその間の内堀通りに交差する通りの通行止め

10年前に行われた交通規制を参考にして下さいとのことで、当時に配布された交通規制のお知らせがネットに掲載されていました。

このチラシを見る限り、広範囲で交通規制がかかりそうですね‥

当然付近の駐車場などは使えなくなる可能性が大きいので、公共交通機関で行くのが安心です。

まとめ

国民的なイベントである天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典。

当然天皇陛下が交代されるというタイミングでなければ行われないイベントのうえ、活動休止前の嵐が歌を披露するということでかなりの倍率になることが予想されます。

申込みは公式サイトから簡単に申し込むことができるので、ダメ元で申し込んでおくといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました